SOLUTION

仮想ブラウザシステム

「インターネット分離」によるサイバー攻撃の防止 近年、標的の医療機関のネットワークにインターネット経由で侵入し、ランサムウェアを使ってファイルを暗号化し、その暗号解除に対して「身代金請求」を行うサイバー攻撃が増えています。
多くの医療機関では、医療系ネットワークとインターネットは分離されていますが、情報系ネットワークはインターネットにつながっており、職員による「シャドーIT」(管理者が内容を把握できないIT活用を行うこと)を生み出す土壌ともなっています。

インターネット分離による防止策
仮想デスクトップ(VDI)

ランサムウェア対策として、業務端末からインターネットの直接利用は避けるべきです。その代表的な方法は3つあり、それぞれに置いたところからインターネットを利用します。 【 1 】仮想デスクトップ(VDI) インターネットから分離した仮想デスクトップ環境にブラウザ等を配置。 【 2 】ローカル分離環境の構築 インターネットから分離した仮想マシンやサンドボックスといった空間にブラウザ等を配置。
【 3 】「仮想ブラウザ」システム 仮想ブラウザ サーバ内のコンテナ等の分離環境にブラウザ等を設置。

当社が提供する「仮想ブラウザ」システム

仮想ブラウザ サーバ内のコンテナ等の分離環境にインターネットを利用するためのアプリケーションを設置し、端末側では100%安全なものだけが表示されます。 仮想ブラウザシステム

「仮想ブラウザ」での分離環境のメリット

導入までの流れ

お問い合わせ

お問い合わせ

ヒアリング・デモ実演

ヒアリング・デモ実演

ご提案・見積もり

ご提案・見積もり

現地調査

現地調査

設定・導入

設定・導入

運用・保守

運用・保守